伊東静雄 Shizuo Ito


Wikipedia
Japanese

 

番号

作  品  名

     Title

Free-texts

01


伊東静雄詩集1


「自然に、充分自然に」
 Shizenni
JubunShizenni

「早春」
  Soshun
    <詩集「『夏花』より>

「七月二日 初蝉」
  Hatsuzemi
「夏の終」
 
Natsuno Owari
  <詩集『春のいそぎ』より>
     

「夕映」
 
Yubae             <詩集『反響』より>

「静かなクセニエ」

  Shizukana Kusenie
<詩集「わがひとに与うる哀歌」より>

Fully Naturally

Early Spring

July, First Cicada

End Of Summer

The Evening glow

Quiet Kusenie

Transcript

Transcript (See 18th

Transcript

Transcript

Transcript

Transcript (See 13th

02


伊東静雄詩集2 

「わがひとに与うる哀歌」 
  Waga Hitoni Atauru Aika
「有明海の思ひ出」
  Ariakekai no Omoide
「河辺の歌」

  awabe no Uta
<詩集「わがひとに与うる哀歌」より>


「夕の海」
  yuu no umi
「金星」
  kinsei
「そんなに凝視(みつ)めるな」
  sonnani mitumeruna
      <詩集「夏花」より>
     
「野の夜」
  no no yoru
「帰路
  kiro                
       <詩集「反響」より>

Elegy For Him

Memories OF Ariake-Sea

Songs of River-Side



Sunset Sea

Venus

Don’t Stare at Me

Night In The Field

My Way Home

Transcript1wagahito.html

Transcript: 1ariake.html

Transcript See 24th




Transcript See 5th

Transcript

Transcript

03

 

 

 


English-Top