天つ巻 第16帖 (123)

 今度の戦済みたら てんし様が世界中知ろしめして、外国には王はなくなるのざぞ。一旦戦おさまりても、あとのゴタゴタなかなか静まらんぞ、神の臣民ふんどし締めて神の申すことよく腹に入れて置いて呉れよ、ゴタゴタ起りたとき、何うしたらよいかと云ふことも、この神示(ふで)よく読んで置けば分るやうにしてあるのざぞ。神は天からと宙からと地からと力(ちから)合はして、神の臣民に手柄立てさす様にしてあるのざが、今では手柄立てさす、神の御用に使ふ臣民一分(いちぶ)もないのざぞ。神の国が勝つばかりではないのざぞ、世界中の人も草も動物も助けてみな喜ぶやうにせなならんのざから、臣民では見当取れん永遠(とことは)につづく神世に致すのざから、素直に神の申すこときくが一等ざぞ。人間の知恵でやれるなら、やって見よれ、あちらへ外れ、こちらへ外れて、ぬらりくらりと鰻つかみぞ、思ふやうにはなるまいがな、神の国が本の国ざから、神の国からあらためるのざから、一番つらいことになるのざぞ、覚悟はよいか、腹さへ切れぬ様なフナフナ腰で大番頭とは何と云ふことぞ、てんし様は申すもかしこし、人民さま、犬猫にも済むまいぞ。人の力ばかりで戦してゐるのでないこと位 分って居らうがな、目に見せてあらうがな、これでも分らんか。八月七日、一二

平易意訳

氷治氏

今度の戦が終わったら天使・天詞様が世界中に知られて、外国には王は 無くなるのです。一旦、戦がおさまっても、後のゴタゴタなかなか静まらないのです。神の臣民は ふんどし締めて神の云うことよく心に入れて置いてください。ゴタゴタが起ったときに何うしたらよいかと云うことを、この神示(ふで)を良く読んで置けば分るやうにしてあるのです。神は 天からと宙からと地からと力(ちから)を合はして、神の臣民に手柄を立てさす様にしているのです。今では 手柄立てさす神の御用に使う臣民は 一分(いちぶ)もいないのです。神の国が勝つばかりではないのです。世界中の人も草も動物も助けてみな喜ぶやうにしなければならないのです。ですから、臣民では 見当とれないような永遠(とことは)に続く神世にするのですから、素直に神の云うこと聞くのが一番良いことです。人間の知恵でやれるなら、やって見なさい。あちらへ外れ、こちらへ外れて、ぬらりくらりと鰻つかみのようになります。思うようにはならないでしょう。神の国が本の国ですから、神の国から改めるのですから、一番辛いことになるのです。覚悟は よいですか。支え切れない様なフナフナ腰で大番頭とは 何と云ふことですか。天使・天詞様は 云うまでもなく、人民さま、犬猫にも済まないでしょう。人の力ばかりで戦しているのでないこと位、分っているでしょう。目に見せているでしょう。これでも分りませんか。

ロックさん

今度の戦が済んだら、天使様が世界中を知らしめて、外国には王はいなくなるのです。一旦戦が収まっても、あとのゴタゴタはなかなか静まりません。神の臣民はふんどしを締めて神の云うことをよく腹に入れて置いて下さい。ゴタゴタが起ったとき、何うしたらよいかと云うことも、この神示(ふで)をよく読んで置けば分るようにしてあるのです。神は天からと宙からと地からと力(ちから)を合わせて、神の臣民に手柄を立てさす様にしてあるのですが、今では手柄を立てさす、神の御用に使う臣民は一分(いちぶ)もないのです。神の国が勝つばかりではないのです。(善も悪も改心させるということと関連があるように思います)世界中の人も草も動物も助けてみな喜ぶようにしなければならないのですから、臣民では見当が取れない永遠(とことは)につづく神世に致すのですから、素直に神の云うことを聞くのが一等です。人間の知恵でやれるなら、やって見なさい。あちらへ外れ、こちらへ外れて、ぬらりくらりと鰻つかみです。思うようにはならないでしょう。神の国が本の国で、神の国から改めるのですから、一番つらいことになるのです。覚悟はよいですか?腹さえ切れない様なフナフナ腰で大番頭とは何と云うことですか。天使様はいうまでも無く、人民さま、犬猫にも済みません。人の力ばかりで戦をしているのでないこと位 分って居るでしょう。目に見せてあるでしょう。これでも分りませんか!!。八月七日、一二 。

解説と補足説明

氷治氏

----

ロックさん

----

ひふみ神示目次