磐戸の巻 第16帖 (252)

 世の元からの生神が揃うて現はれたら、皆腰ぬかして、目パチクリさして、もの云へん様になるのざぞ。神徳貰うた臣民でないと中々越せん峠ざぞ、神徳はいくらでも背負ひきれん迄にやるぞ、大き器もちて御座れよ、掃除した大きいれものいくらでも持ちて御座れよ、神界にはビクともしぬ仕組出来てゐるのざから安心して御用つとめてくれよ。今度はマコトの神の力でないと何も出来はせんぞと申してあろが、日本の国は小さいが天と地との神力強い、神のマコトの元の国であるぞ。洗濯と申すのは何事によらん、人間心すてて仕舞て、智恵や学に頼らずに、神の申すこと一つもうたがはず生れ赤子の心のうぶ心になりて、神の教 守ることぞ。ミタマ磨きと申すのは、神からさづかってゐるミタマの命令に従ふて、肉体心すてて了ふて、神の申す通りそむかん様にすることぞ。学や智を力と頼むうちはミタマは磨けんのざ。学越えた学、智越えた智は、神の学、神の智ざと云ふこと判らんか、今度の岩戸開きはミタマから、根本からかへてゆくのざから、中々であるぞ、天災や戦ばかりでは中々らちあかんぞ、根本の改めざぞ。小さいこと思ふてゐると判らんことになると申してあろがな、この道理よく肚に入れて下されよ、今度は上中下三段にわけてあるミタマの因縁によって、それぞれに目鼻つけて、悪も改心さして、善も改心さしての岩戸開きざから、根本からつくりかへるよりは何れだけ六ヶ敷いか、大層な骨折りざぞよ。叱るばかりでは改心出来んから喜ばして改心さすことも守護神にありてはあるのざぞ、聞き分けよい守護神殿 少ないぞ、聞き分けよい悪の神、早く改心するぞ、聞き分け悪き善の守護神あるぞ。この道の役員は昔からの因縁によってミタマ調べて引寄せて御用さしてあるのざ、めったに見当くるわんぞ、神が綱かけたら中々はなさんぞ、逃げられるならば逃げてみよれ、くるくる廻って又始めからお出直しで御用せなならん様になって来るぞ。ミタマ磨け出したら病神などドンドン逃げ出すぞ。出雲(いずも)の神様 大切申せと知らしてあること忘れるなよ。子(ネ)の歳真中にして前後十年が正念場、世の立替へは水と火とざぞ。ひつじの三月三日、五月五日は結構な日ぞ。一月十四日、 の一二のか三。

平易意訳

氷治氏

世の元からの生神が揃うて現はれたら、皆腰ぬかして、目パチクリさして、もの云へん様になるのです。
神徳を貰らった臣民でないと中々越せない峠なのです。
神徳はいくらでも背負ひきれん迄につけてあげます。
大き器を用いてください。
掃除した大きいれものいくらでも持ってください。
神界にはビクともしない仕組が出来ているのですから安心して御用を努めてください。
今度はマコトの神の力でないと何も出来ないと説明してあります。
日本の国は小さいが天と地との神力の強い、神のマコトの元の国であるのです。
洗濯と申すのは何事によらず、人間心を捨てて、智恵や学に頼らずに、神の申すこと一つも疑がはず、生れ赤子の心の初心になりて、神の教を守ることなのです。
ミタマ磨きと申すのは神からさづかっているミタマの命令に従って、肉体心(身体の本能)を捨てて、神の申す通りそむかん様にすることなのです。
学や智を力と頼むうちはミタマは磨けないのです。
学越えた学、智越えた智は神の学、神の智ですと説明しているでしょう。
分かりませんか!
今度の岩戸開きはミタマから、根本から、変えてゆくのですから、容易ではないのです。
天災や戦ばかりでは中々らちあかない根本からの改めなのです。
小さいこと思ふていると判らんことになると申してあるでしょう。
この道理よく肚に入れて下さい。
今度は上中下三段にわけてあるミタマの因縁によって、それぞれに目鼻つけて、悪も改心さして、善も改心さしての岩戸開きですから、根本から作り替えるよりは何れだけ難しいか、大層な骨折り仕事なのですよ。
叱るばかりでは改心出来ませんから喜ばして改心さすことも守護神にはあるのです。
聞き分けよい守護神殿は少ないのです。
聞き分けよい悪の神が早く改心するのです。
聞き分け悪いのが善の守護神であるのです。
この道の役員は昔からの因縁によってミタマ調べて引寄せて御用さしてあるです。
めったに見当は狂わないのです。
神が綱かけたら容易に離さないのです。
逃げられるならば逃げてみなさい。
くるくると廻って、又、始めからお出直し(振り出しに戻る)で御用せなならん様になって来るのです。
ミタマ磨け出したら病神などドンドン逃げ出します。
出雲(いずも)の神様を大切にしてくださいと知らしてあること忘れないようにしてください。
子(ネ)の歳を真中にして、前後十年が正念場です。
世の立替へは水と火とで実施するのです。
ひつじの三月三日、五月五日は結構な日です。

解説と補足説明

氷治氏

この帖の注目すべき所は最初の{・・・世の元からの生神が揃うて現はれたら・・・}です。岩戸開きの起こる前に、複数の「世の元からの生神」=「人間の姿をしているがその霊魂は世の元からの神が宿っている」が現れることです。具体的にどんな人間・生神であるのか?なんて名前の人物か分からないのが難点です。ただ、ミロクと女王の二人は何とか分かるのですが、その他の人物が分かりません。他の内容は平文にしているので容易に理解できるとおもいます。この帖も最後のところで、それ以前と繋がらないことが唐突に記載されています。

  • 出雲(いずも)の神様を大切にしてください
    −−−>ミロクが出雲(いずも)の神様達が生神となって現れるということでしょう。皆さんの過去の先祖を調べてみないと分かりませんが、それが皆さんであるのかもしれませんし、それが問題です。

  • 子(ネ)の歳を真中にして、前後十年が正念場です。
    −−−>時期と期間が指定されています。そして、ひつじの三月三日、五月五日にビックリ箱が開く良いことが発生するのかもしれません。

  • 世の立替へは水と火とで実施するのです。
    −−−>「ノアの大洪水」「都市攻撃」で実施することを指摘しています。
ロックさん

----

ひふみ神示目次