水の巻 第12帖 (286)

 人間心には我(が)があるぞ。神心には我がないぞ。我がなくてもならんぞ、我があってはならんぞ。我がなくてはならず、あってはならん道理分りたか。神にとけ入れよ。てんし様にとけ入れよ。我なくせ、我出せよ。建替と申すのは、神界、幽界、顕界にある今までの事をきれいに塵一つ残らぬ様に洗濯することざぞ。今度と云ふ今度は何処までもきれいさっぱりと建替するのざぞ。建直しと申すのは、世の元の大神様の御心のままにする事ぞ。御光の世にすることぞ。てんし様の御稜威(みいつ)輝く御代とする事ぞ。政治も経済も何もかもなくなるぞ。食べるものも一時は無くなって仕舞ふぞ。覚悟なされよ。正しくひらく道道鳴り出づ、はじめ苦し、展きゐて、月鳴る道は弥栄、地ひらき、世ひらき、世むすび、天地栄ゆ、はじめ和の道、世界の臣民、てん詞様おろがむ時来るのざぞ。邪魔せずに見物いたされよ、御用はせなならんぞ。この神示読めよ、声高く。この神示血とせよ、益人となるぞ。天地まぜこぜとなるぞ。六月十二日、みづのひつ九の

平易意訳

氷治氏

人間心には 我(が)があります。
神心には我がありません。
我がなくてもならんず、我があってはならないのです。
我がなくてはならず、我があってはならない道理を理解しましたか。
神に溶け入りなさい。
天使・天詞様に溶け入りなさい。
我なくしなさい。
我を出しなさい。
岩戸開きの建替と云うのは{神界、幽界、顕界}にある今までの事を綺麗に塵一つ残らない様に洗濯することなのです。
今度と云う今度は何処までも綺麗サッパリと建替するのです。
岩戸開きの建直しと云うのは世の元の大神様の御心のままにする事なのです。
御光の世にすることなのです。
天使・天詞様の御稜威(みいつ)が輝く御代とする事なのです。
政治も経済も何もかも無くします。
食べるものも一時は無くなってしまいます。
臣民は覚悟してください。
正しく開く道、道鳴りて出てくるのです。
始めは苦しいのです。
展開して、月に鳴る道は永久に繁栄するのです。
地を開き、
世を開き、
世に結び、
天地は栄える、
始めは和の道です。
世界の臣民が、天使・天詞様を拝む時が来るのです。
邪魔せずに見物していなさい。
ですが、御用はしなければなりません。
この神示を読みなさい。
この神示を声高く読みなさい。
この神示を血しなさい。
そうすると、益人となります。
一度は天地がまぜこぜとなるのです。

解説と補足説明

氷治氏

----

ロックさん

----

ひふみ神示目次