地震の巻 第15帖 (392)

 霊界には、山もあり、川もあり、海もあり、また、もろもろの社会があり、霊界の生活がある。故に、其処には霊人の住宅があり、霊人はまた衣類をもつ。住宅は、その住む霊人の生命の高下によって変化する。霊人の家には、主人の部屋もあれば、客室もあり、寝室もあり、また、食堂もあり、風呂場もあり、物置もあり、玄関もあり、庭園もある、と云ったふうに、現実世界と殆ど変りがない。と云うことは、霊人の生活様式なり、思想なりが、ことごとく同様であると云うことを意味する。また、内分を同じくする霊人たちは、相集まり、住宅は互に並び建てられており、地上に於ける都会や村落とよく似ている。その中心点には多くの場合、神殿や役所や学校等あらゆる公共の建物が、ほどよく並んでいる。そして、これらの総てが霊界に存在するが故に、地上世界に、それの写しがあるのである。霊界を主とし、霊界に従って、地上にうつし出されたのが、地上人の世界である。地上人は、物質を中心として感覚し、且つ考えるから、真相が中々につかめない。これら総ての建物は、神の歓喜を生命として建てられたものであって、霊人の心の内奥にふさわしい状態に変形され得る。また天人の衣類も、その各々がもつ内分に正比例している。高い内分にいる霊人は高い衣を、低いものは低い衣を自らにして着することとなる。彼等の衣類は、彼らの理智に対応しているのである。理智に対応すると云うことは、真理に対応すると云うことになる。但し、最も中心に近く、太神の歓喜に直面する霊人たちは衣類を着していないのである。この境地に到れば、総てが歓喜であり、他は自己であり、自己は他であるが故である。しかし、他よりこれを見る時は、見る霊人の心の高低によって、千変万化の衣類を着せる如く見ゆるのである。また、衣類は総て霊人の状態の変化によって変化して行くものである。霊人はまた、いろいろな食物を食している。云う迄もなく霊人の食物であるが、これまたその霊人の状態によって千変万化するが、要するに歓喜を食べているのである。食べられる霊食そのものも、食べる霊人も何れも、食べると云うことによって歓喜しているのである。地上人の場合は、物質を口より食べるのであるが、霊人は口のみでなく、目からも、鼻からも、耳からも、皮膚からも、手からも、足からも、食物を身体全体から食べるものである。そして、食べると云うことは、霊人と霊食とが調和し、融け合い、一つの歓喜となることである。霊人から見れば、食物を自分自身たる霊人の一部とするのであるが、食物から見れば霊人を食物としての歓喜の中に引き入れることとなるのである。これらの行為は、本質的には、地上人と相通ずる食物であり、食べ方ではあるが、その歓喜の度合および表現には大きな差がある。食物は歓喜であり、歓喜は神であるから、神から神を与えられるのである。以上の如くであるから、他から霊人の食べるのを見ていると、食べているのか、食べられているのか判らない程である。また霊人の食物は、その質において、その霊体のもつ質より遠くはなれたものを好む。現実社会に於ける、山菜、果物、海草等に相当する植物性のものを好み、同類である動物性のものは好まない。何故ならば、性の遠くはなれた食物ほど歓喜の度が強くなってくるからである。霊人自身に近い動物霊的なものを食べると歓喜しないのみならず、返って不快となるからである。そして霊人は、これらの食物を歓喜によって調理している。そしてまた与えられた総ての食物は、悉く食べて一物をも残さないのである。すべての善は より起り、 にかえるのと同様、総ての悪もまた より起り にかえる。故に、神をはなれた善はなく、また神をはなれた悪のみの悪はあり得ないのである。殊に地上人はこの善悪の平衡の中にあるが故に、地上人たり得るのであって、悪をとり去るならば、地上人としての生命はなく、また善は無くなるのである。この悪を因縁により、また囚われたる感情が生み出す悪だ、と思ってはならない。この悪があればこそ、自由が存在し、生長し、弥栄するのである。悪のみの世界はなく、また善のみの世界はあり得ない。所謂、悪のみの世界と伝えられるような地獄は存在しないのである。地上人は、霊人との和合によって神と通ずる。地上人の肉体は悪的な事物に属し、その心は善的霊物に属する。その平衡するところに力を生じ、生命する。しかし、地上人と、霊人と一体化したる場合は、神より直接に地上人にすべてが通じ、すべてのものの が与えられると見えるものである。これを、直接内流と称し、この神よりの流入するものが、意志からするときは理解力となり、真理となる。また、愛より入るときは善となり、信仰力となって現われる。そして、神と通ずる一大歓喜として永遠に生命する。故に、永遠する生命は愛と離れ、真と離れ、また信仰とはなれてはあり得ないのである。神そのものも神の法則、秩序に逆らうことは出来ない。法則とは歓喜の法則である。神は歓喜によって地上人を弥栄せんとしている。これは、地上人として生れ出ずる生前から、また、死後に至るも止まざるものである。神は、左手にて の動きをなし、右手にて の動きを為す。そこに、地上人としては割り切れない程の、神の大愛が秘められていることを知らねばならぬ。地上人は、絶えず、善、真に導かれると共に、また、悪、偽に導かれる。この場合、その平衡を破るようなことになってはならない。その平衡が、神の御旨である。平衡より大平衡に、大平衡より超平衡に、超平衡より超大平衡にと進み行くことを弥栄と云うのである。左手は右手によりて生き動き、栄える。左手なき右手はなく、右手なき左手はない。善、真なき悪、偽はなく、悪、偽なき善、真はあり得ない。神は善、真、悪、偽であるが、その新しき平衡が新しき神を生む。新しき神は、常に神の中に孕み、神の中に生れ、神の中に育てられつつある。始めなき始めより、終りなき終りに到る大歓喜の栄ゆる姿がそれである。

平易意訳

霊界には、山もあり、川もあり、海もあり、また、もろもろの社会があり、霊界の生活がある。
故に、其処には霊人の住宅があり、霊人はまた衣類をもつ。
住宅はその住む霊人の生命の高下によって変化する。
霊人の家には、主人の部屋もあれば、客室もあり、寝室もあり、また、食堂もあり、風呂場もあり、物置もあり、玄関もあり、庭園もある、と云ったふうに、現実世界と殆ど変りがない。
と云うことは、霊人の生活様式なり、思想なりが、ことごとく同様であると云うことを意味する。
また、内分を同じくする霊人たちは、相集まり、住宅は互に並び建てられており、地上に於ける都会や村落とよく似ている。
その中心点には多くの場合、神殿や役所や学校等あらゆる公共の建物が、ほどよく並んでいる。
そして、これらの総てが霊界に存在するが故に、地上世界に、それの写しがあるのである。
霊界を主とし、霊界に従って、地上にうつし出されたのが、地上人の世界である。
地上人は、物質を中心として感覚し、且つ考えるから、真相が中々につかめない。
これら総ての建物は神の歓喜を生命として建てられたものであって、霊人の心の内奥にふさわしい状態に変形され得る。
また、天人の衣類も、その各々がもつ内分に正比例している。
高い内分にいる霊人は高い衣を、低いものは低い衣を自らにして着することとなる。
彼等の衣類は、彼らの理智に対応しているのである。
理智に対応すると云うことは、真理に対応すると云うことになる。
但し、最も中心に近く、太神の歓喜に直面する霊人たちは衣類を着していないのである。
この境地に到れば、総てが歓喜であり、他は自己であり、自己は他であるが故である。
しかし、他よりこれを見る時は、見る霊人の心の高低によって、千変万化の衣類を着せる如く見ゆるのである。
また、衣類は総て霊人の状態の変化によって変化して行くものである。
霊人はまた、いろいろな食物を食している。
云う迄もなく霊人の食物であるが、これまたその霊人の状態によって千変万化するが、要するに歓喜を食べているのである。
食べられる霊食そのものも、食べる霊人も何れも、食べると云うことによって歓喜しているのである。
地上人の場合は、物質を口より食べるのであるが、霊人は口のみでなく、目からも、鼻からも、耳からも、皮膚からも、手からも、足からも、食物を身体全体から食べるものである。
そして、食べると云うことは、霊人と霊食とが調和し、融け合い、一つの歓喜となることである。
霊人から見れば、食物を自分自身たる霊人の一部とするのであるが、食物から見れば霊人を食物としての歓喜の中に引き入れることとなるのである。
これらの行為は本質的には、地上人と相通ずる食物であり、食べ方ではあるが、その歓喜の度合および表現には大きな差がある。
食物は歓喜であり、歓喜は神であるから、神から神を与えられるのである。
以上の如くであるから、他から霊人の食べるのを見ていると、食べているのか、食べられているのか判らない程である。
また、霊人の食物は、その質において、その霊体のもつ質より遠くはなれたものを好む。
現実社会に於ける、山菜、果物、海草等に相当する植物性のものを好み、同類である動物性のものは好まない。
何故ならば、性の遠くはなれた食物ほど歓喜の度が強くなってくるからである。
霊人自身に近い動物霊的なものを食べると歓喜しないのみならず、返って不快となるからである。
そして霊人はこれらの食物を歓喜によって調理している。
そしてまた与えられた総ての食物は、悉く食べて一物をも残さないのである。
すべての善は真より起り、真にかえるのと同様、総ての悪もまた真より起り真にかえる。
故に、神をはなれた善はなく、また神をはなれた悪のみの悪はあり得ないのである。
殊に地上人はこの善悪の平衡の中にあるが故に、地上人たり得るのであって、悪をとり去るならば、地上人としての生命はなく、また善は無くなるのである。
この悪を因縁により、また囚われたる感情が生み出す悪だ、と思ってはならない。
この悪があればこそ、自由が存在し、生長し、弥栄するのである。
悪のみの世界はなく、また善のみの世界はあり得ない。
所謂、悪のみの世界と伝えられるような地獄は存在しないのである。
地上人は霊人との和合によって神と通ずる。
地上人の肉体は悪的な事物に属し、その心は善的霊物に属する。
その平衡するところに力を生じ、生命する。
しかし、地上人と霊人と一体化したる場合は神より直接に地上人にすべてが通じ、すべてのものの真が与えられると見えるものである。
これを、直接内流と称し、この神よりの流入するものが、意志からするときは理解力となり、真理となる。
また、愛より入るときは善となり、信仰力となって現われる。
そして、神と通ずる一大歓喜として永遠に生命する。
故に、永遠する生命は愛と離れ、真と離れ、また信仰とはなれてはあり得ないのである。
神そのものも神の法則、秩序に逆らうことは出来ない。
法則とは歓喜の法則である。
神は歓喜によって地上人を弥栄せんとしている。
これは、地上人として生れ出ずる生前から、また、死後に至るも止まざるものである。
神は左手にて真の動きをなし、右手にて真の動きを為す。
そこに、地上人としては割り切れない程の、神の大愛が秘められていることを知らねばならぬ。
地上人は、絶えず、善、真に導かれると共に、また、悪、偽に導かれる。
この場合、その平衡を破るようなことになってはならない。
その平衡が、神の御旨である。
平衡より大平衡に、大平衡より超平衡に、超平衡より超大平衡にと進み行くことを弥栄と云うのである。
左手は右手によりて生き動き、栄える。
左手なき右手はなく、右手なき左手はない。
善、真なき悪、偽はなく、悪、偽なき善、真はあり得ない。
神は善、真、悪、偽であるが、その新しき平衡が新しき神を生む。
新しき神は、常に神の中に孕み、神の中に生れ、神の中に育てられつつある。
始めなき始めより、終りなき終りに到る大歓喜の栄ゆる姿がそれである。

解説と補足説明

氷治氏

霊界の詳しい説明です。

ロックさん

----

ひふみ神示目次